宮地屋台が続く

秩父名物 つるし柿

そよかぜのリンク

無事に神社境内に戻ってきて よるの準備をする
そよかぜは ここで今年は終わりです

秩父神社境内より 1番に出発する本町屋台

秩父神社境内に入ってくる中町屋台と迎える本町屋台

秩父夜祭 12-2

今年は 2日 宵街を楽しむ 
 2日は  4台の屋台の曳行(えいこう)です
辻で引き踊りや張り出し舞台を取り付けられ屋台歌舞伎が出来ます  
3日より混雑が少なく見やすい

中町屋台が続く
引き踊り

本町屋台の囃して 宝舟に 人波を海に 
お囃子も 大波小波でホウリャイ・宝が来いと言う
説も有ります

上町屋台    15oフィッシュレンズ

宮詣りをする上町屋台

上町屋台の幕が上がる

子供乗せた中町笠鉾
上の刺繍 2日と3日では違うのを使用する

本町屋台と中町屋台の曳航しながらのすれ違い 
2日しか見られません
夜だと影にはならないのですが
12月の日差しは 神社境内や通りなどやっかいです